• 説明

    日本リハビリテーション専門学校は作業療法士、理学療法士を育成している専門学校です。

  • アーカイブ

  • カレンダー

    2018年7月
    « 10月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 資料請求
  • イベント情報
  • お問い合わせ

<メルマガバックナンバー>生きがい

理学療法学科夜間部学科長の鈴木雅男です。

今回は皆さんの職業選びの参考になればと思い
「生きがい」
をテーマに理学療法士・作業療法士のかかわりを話したいと思います。

現在私は、
病院でのリハビリテーションを終了した方々の地域社会でのリハビリテーションに携わっています。

そこで感じることは、
身体に障がいを持ってしまった方々のQOL(生活の質)を上げるためには、
生きがいを持ってもらうことが大切であるということです。

生きがいを見失っている方は、暗く消極的な印象があります。

このような方は、障がいで何もできないと思い込んでいたり、
方法がわからなくて諦めている事が多いように感じます。

そして生きがいを見失ってしまった方々に、
リハビリテーションを通して、出来ることを実感してもらうため、
一緒に方法を考えて習得できるように運動プログラムを作成しています。

その中で、外出を控えていた方が積極的に家の外に出るようになったり、
障がいによって諦めかけていた趣味活動に興じるようになり、明るくなった方もいます。

このことからも生き生きとした生活には、
障がいを持った方も生きがいを持つことが大切で、
理学療法士・作業療法士は障がいを持った方が、
生きがいを見出す援助ができる仕事であると、今更ながら感じています。

皆さんにとって生きがいは何でしょう。

もし、その生きがいがなくなってしまったらどんな感じでしょうか。

そして、その生きがいを取り戻せるとしたらどうでしょう。素敵だと思いませんか?

病院の医療は、病気や障害を主に見ていきますが、
リハビリテーションの本質はその人を見ることです。

そのため理学療法士や作業療法士は、障がいを持った方々と人として付き合っていくことが必要です。

言い換えれば理学療法士や作業療法士は、
医療職の中でも人と向かい合い支援していく職業といえるでしょう。