• 説明

    日本リハビリテーション専門学校は作業療法士、理学療法士を育成している専門学校です。

  • アーカイブ

  • カレンダー

    2017年10月
    « 10月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 資料請求
  • イベント情報
  • お問い合わせ

臨床実習、そして就職説明会 やがて国家試験の勉強へ

作業療法学科 菅原です。

8月8日(木)、9日(金)と就職説明会が行われました。

4年生は、8月2日に8週間の臨床実習を終え、一息つく間もなく、就職説明会に参加しました。

 

毎年、作業療法士、理学療法士の求人を行う病院や施設から担当者に来ていただき、4年生を対象にして、説明会が行われます。

 

例年たくさんの病院、施設から来ていただいていますが、今回も2日間で130施設以上来ていただきました。

             image

 

 

 

1年生からすると、臨床実習や就職説明会などは遠い先のことのようですが、いつの間にかそういう日がやってきます。

 

もちろん、4年生といえども、すでに就職先を決めていたり、どのようなところで働きたいのかをはっきりさせている人はけして多くはありません。

この時期で考えると、就職が決まっていない学生の方がかなり多いのです。このあたりは、一般の大学では3年生から就職活動を始めるというのとは、かなり事情が違います。


 

ということでは、就職説明会でどこの病院の話を聞いたらよいか迷っている学生もけっこういます。

 

作業療法、理学療法の専門学校に入学するということは、やがて作業療法士、理学療法士として仕事に就きたいということなのですから、実践の経験や学びの場である臨床実習であるとか、就職先を考える機会としての就職説明会は、ゴール(目標)に近づいていくことになるわけなのです。

 

 

          image

 

 

 

 

このあと4年生は、短い夏休みのあと、8月下旬から再び8週間の臨床実習に出ていきます。

 

9月10月と臨床実習を行ってから学校に戻り、いよいよ、就職活動を行いながら、国家試験のための勉強に入っていきます。

 

11月から12月の中旬くらいに就職先を決めることができると、その後には国家試験の勉強に専念できますが、やはり就職という大きなことですから、就職先に迷ったり、希望のところをなかなか見つけられなかったりすることもあります。

 

 

 

国家試験は毎年、2月の末に行われています。

 

そして3月の末に合格発表がされます。

 

4年生になると、普通の授業はなく、臨床実習就職活動、そして国家試験の受験となるわけですが、

 

 

実は、これらのことが大きな大きな経験となり、その学生を成長させていくことになるのです。