• 説明

    日本リハビリテーション専門学校は作業療法士、理学療法士を育成している専門学校です。

  • アーカイブ

  • カレンダー

    2018年4月
    « 10月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • 資料請求
  • イベント情報
  • お問い合わせ

風邪やインフルエンザの予防-マスク-

みなさんこんにちは。理学療法学科夜間部の鈴木です。


ここのところ、だいぶ涼しくなったと思ったら、涼しさを通り越して冷え込んできていますね。

街行く人たちも徐々に冬服になろうとしています。

ところで季節の変わる時期や寒い時期には、風邪やインフルエンザにかかる人がとても多いですね。

季節の変わり目は、気候の変化に体が順応できず免疫機能が低下することが考えられます。

また、寒くなると空気が乾燥し、風邪やインフルエンザ・ウィルスの活動が活発になるからです。

風邪やインフルエンザを予防するためには、

体調を整えることやうがい・手洗いの励行、外出時のマスク着用などがあります。

体調を整えることは免疫機能を高めるために必要です。

また、うがいや手洗いは手や喉に付着したウィルスを取り除く効果があります。

それとマスクは外界からのウィルスの侵入を防ぎます。。。

と思っている人もいるかもしれませんが、実はそうではありません。

周りの人のクシャミや咳による飛沫を防ぐことはできると思いますが、

呼吸による空気はマスクの隙間から通ることが多いため、

ウィルスの侵入を防ぐことはできません。

では何のためにするかというと、呼吸で吸い込む空気を少しでも加湿するためです。

息を吐くと体内から湿った空気がマスクにあたり、マスクに湿気をもたらします。

そして息を吸うときには、乾いた空気がマスクの湿気により加湿され、

体内に吸い込まれていくというわけです。

最初にいいましたが、風邪やインフルエンザのウィルスは空気が乾燥すると活動が活発になりますが、

湿度が上がると活動が低下します。

また吸い込む空気を加湿することは、

喉の粘膜の保湿に役立ち、細菌やウィルスをブロックする粘膜の機能も保てます。

これらの効果で予防ができるというわけですね。

風邪やインフルエンザのマスクの効果は説明しましたが、

特に口呼吸になっている人には有効だと思います。

普段無意識でゆっくりと呼吸しているときは鼻でするのですが、

口で呼吸をすることが習慣化している人を多く見かけます。

鼻はにおいをかぐ役割の他に吸った空気を加湿する役割があります。

しかし口で息をしても口には加湿の役割がないため、

乾燥した空気のまま体内に入ってしまうので、ウィルスの活動を抑える事にはなりません。

また、粘膜も乾燥して細菌やウィルスをブロックする役割が果たせなくなります。

みなさんも一度自分は鼻呼吸が多いか口呼吸が多いか確認してみてください。

口呼吸が多い人は、特に風邪やインフルエンザの注意をしてください。

ちなみに話しているとき以外でも口が開いている人は、口呼吸が多いと思いますよ。

以上、今年もあと少しです。体調に気を付けていきましょう。