• 説明

    日本リハビリテーション専門学校は作業療法士、理学療法士を育成している専門学校です。

  • アーカイブ

  • カレンダー

    2018年12月
    « 10月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 資料請求
  • イベント情報
  • お問い合わせ

福祉展示会に参加

こんにちは。理学療法学科昼間部の安村です。


10月5日、神奈川県の神奈川リハビリテーション病院で開かれた、

福祉展示会に、昼間部、夜間部の3年生と一緒に行ってきました。

福祉機器の代表といえば車椅子がありますが、

単に車いすといっても、多種多様のものがあります。

病気や障がいから一時的に必要とする車いすや

生涯にわたって必要な場合もあります。

さらにスポーツとしても使用する車椅子もあります。

でも、普段目にするより、使ってみる、操作してみることは

なかなかイメージできませんね。

今では、福祉機器は種類も豊富で、

障がいのある方の応じた福祉機器を、使いやすさ、軽量化、安全性などを

追求、研究されて作製されています。

手の力が不足していても、

ほんのわずかなチカラで車椅子が動かすことができたり、

介護をする人の負担を考えた構造であったり、

clip_image002

目の動きをセンサーで感知して、会話ができるようにするもの(意思伝達装置)、

clip_image004

歩くことを助けるだけではなく、足が動きにくくなった方のリハビリ訓練として

利用できるもの(HALというロボットスーツ)があったり・・・

clip_image006

冬季パラリンピックでも種目になっている

チェアスキーのシミュレーターも体験してきました(結構難しい・・・)!

clip_image008

学生も、見て、体験することで、

障がいのある方々が生活しやすくなるためには、

福祉機器もリハビリテーションの重要な分野であることを

理解できたものになったと思います。

私自身も、大変勉強になりました。

みなさんも、参加してみてはいかがでしょう?